header

40過ぎたころから髪にハリ・コシが無い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

40過ぎたころから、急に髪にハリ・コシが無くなってきた

この相談は、非常に多いですね。

 

これも老化現象の一つですが、諦めたら終わりです

原因として、女性ホルモンの低下や、ストレスなど

間違ったヘアケアの習慣です。

 

まず、1つずつ解決していきましょう

「シャンプーは市販のものより、アミノ酸系シャンプーが、おすすめです」

「トリートメントやリンスなど極力使わないようにしましょう」

「ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなど、論外です」

「白髪染めを自分で染める、すぐにやめましょう」

「バランスの良い食事を心がけましょう」

「睡眠不足は、要注意です」

「ストレスをため込まない」

「適度な運動をしましょう」

「乳製品の取りすぎに注意しましょう」

「頭皮は、清潔に、また洗いすぎにも注意しましょう」

など、このような問題を見直し、正しいお手入れ方法を

することにより、確実に結果はでます。

 

頭皮の環境を整える

なぜ市販のシャンプーがよくないのか?

その前に、シャンプーの種類についてお話します

シャンプーの目的は、頭皮を洗うものです。

 

頭皮の汚れを落とすために界面活性剤を使用します

シャンプーに使われる界面活性剤は、3種類ほど、

  1. 石油系の界面活性剤
  2. 高級アルコール系
  3. アミノ酸系

この3タイプに分けてられます。

 

1の石油系の界面活性剤は、洗剤や消毒液など

手袋をしないとあまりよろしくないものです。

最近は、1を使用するシャンプーはあまり見かけませんが、

 

2の高級アルコール系の界面活性剤シャンプーがあっと的に多いですね

1・2・のシャンプーだと、頭皮の汚れなどはよく落ちます。

 

落ちすぎて頭皮の機能まで、壊してしまいます

それゆえ髪がバサバサしたりするのです。

 

これを防ぐために」シリコンやオイルを配合して

シャンプーだけで、さらさらするようにしてるのです。

 

健康な髪とは、決してサラサラすればいいとは

限りません。

 

そうした、シリコンやオイル、これらは油でできています

つまり髪の中や、頭皮で酸化を起こしています。

 

この酸化物質がトラブルの原因となります。

 

シャンプーに関しては、天然系のアミノ酸シャンプーをおすすめします。

オイルとかではなく、髪は、水分補給をしないといけないので。

保湿剤の入ったものですね。

 

まず市販には、あまり取り扱っておりません。

 

まずは、プロにご相談を当店でもい賜ります。

 

 

 

mt

パーマ・カラーや縮毛矯正は髪を傷めると思ってる方も多いのではないでしょうか。当サロンでは髪を傷める原因を取り除き、良質な薬剤や天然成分にこだわり、髪への負担を最小限にした施術を行っております。特にツヤにこだわり、健康的で美しい髪へと導きます。

姓名(必須)

 名

メールアドレス(必須)